吉田りえ

【吉田りえ】政治は日常のもの ~民進女子POWER~

民進党の女性支部長で構成される民進女子!
民進女子は、女性議員を本気で増やしたいと思っています。

私の大学時代の専攻は、政治学でした。
女性の存在は、政治学において、見える存在ではありませんでした。

女性議員の数について考えること、それは、女性の政治参加について考えることであり、「女性市民」の存在をもっと表層に出すことでもあります。

私にとって政治は日常のものです。
そして、日常をハンドリングしているのは、男性だけではなく、女性も同じぐらい日常をハンドリングしていると思うのです。

歴史をふりかえるとわかるのですが、女性の生活圏は、私的領域に、主に活動を制限されてきました。
女性政策といわれるものを概観して頂くとわかると思いますが、介護や子育て、例えばDVのような問題は、従来は、私的問題であって、個人で家庭の中で解決すべき政策課題であると位置づいていた時代がありましたが、現在は、女性政策の導入により、介護や子育て、DVなども社会化され、女性の人権を守ることができる社会へと進みつつあります。

女性の社会的立ち位置とは、どのようなものでしょうか。
残念ながら、国際社会においても、そして、日本においても、まだ、女性に対する社会構造的な差別がある中で、女性の政治参加の現状に関する問題点と、それを解決し女性の政治参入を可能とする具体的な解決方法を模索するのみだけでなく、実現していくことこそが重要だと思うのです。

民進女子POWER


出典:http://ameblo.jp/gifu-yoshidarie/entry-12165037386.html


記事一覧