岡田克也

【岡田克也】【ブログ】英国EU離脱へ─アベノミクスの宴は終わった、今こそ政策転換を

イギリスがEUから離脱することになりました。非常に残念な事態だと思います。これから世界経済に及ぼす影響、そして、ヨーロッパの統一がこれを機にどうなるのか。大変深刻な問題です。

もうすでに、一時的に為替や株式市場が激しく動いています。それはそれとして、しっかり対応することが必要ですが、より重要なのは中長期的な対応です。

安倍政権のもとでこの3年半、超金融緩和も一助となり、円安が続きました。それによって輸出関連企業の利益が大きく増え、株価も上がり、それが税収などにもはね返ってきました。

しかし、この金融緩和、あるいは財政出動という一時的なカンフル剤に頼って、肝心の構造改革が先送りされてきた。2度にわたって消費税の引き上げも先送りされました。基本的に重要な問題は何ら対応がなされないまま、3年半が経ってしまったのです。

年初から、アベノミクスの牽引車であった「円安・株高」が逆回転し始めていました。今回のイギリスのEU離脱の問題はそれに拍車をかけ、更に円高が進む可能性が高い。アベノミクスの宴(うたげ)は終わったのです。

気がかりなのは、国民の年金資金です。安倍政権は、リスクの高い株式の運用比率を50%に倍増しましたが、昨今の株価下落ですでに5兆円程度の損失が出ていると言われています。

さらに今回のこの株の動きの中で、場合によっては年金支給額の引き下げにもつながりかねない事態になるのではないかと、強く懸念しています。速やかに運用実績を公開し、もう一度、株式の運用割合を元に戻すという決断が必要です。

いずれにしても、今なすべき対応として重要なことは、中長期的に持続可能な経済成長の道筋を描くことです。

「人への投資」、「所得の再分配」と「格差の是正」、あるいは「働き方革命」、そういった分配と成長を両立させる政策に大きく転換し、安心して生活できる、将来の不安が少ない社会をつくっていかなければなりません。

「分配と成長の両立」。そのことを、改めて強調しておきたいと思います。


出典:http://ameblo.jp/okada-katsuya/entry-12174694142.html


記事一覧