黒石健太郎

【黒石健太郎】参院選の争点が確定「改憲勢力、2/3議席か」

kaiken_souten


先日の各紙一面を飾ったのは、
「改憲勢力、2/3議席か」という文字。
 

今回の参院選は、戦後の歴史で初めて、
改憲が争点になる国政選挙となった。
 

そして、もっとも注目されるのは、
憲法9条改憲を承認するか否か。
 

◆現状維持案
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。
 

◆自民党の改憲案
第九条
1 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動としての戦争を放棄し、武力による威嚇及び武力の行使は国際紛争を解決する手段としては用いない。
2 前項の規定は、自衛権の発動を妨げるものではない。
 

第九条の二
我国の平和と独立並びに国及び国民の安全を確保するため、内閣総理大臣を最高指揮官とする国防軍を保持する。
2 国防軍は、前項の規定による任務を遂行する際は、法律の定めるところにより、国会の承認その他の統制に服する。
3 国防軍は、第一項に規定する任務を遂行するための活動のほか、法律の定めにより、国際社会の平和と安全を確保するために国際的に協調して行われる活動及び公の秩序を維持し、又は国民の生命若しくは自由を守るための活動を行うことができる。
4 前二項に定めるもののほか、国防軍の組織、統制及び機密の保持に関する事項は、法律で定める。
5 国防軍に属する軍人その他の公務員がその職務の実施に伴う罪又は国防軍の機密に関する罪を犯した場合の裁判を行うため、法律の定めるところにより、国防軍に裁判所を置く。この場合においては、被告人が裁判所へ上訴する権利は、保障されなければならない。
 

第九条の三
国は、主権と独立を守るため、国民と協力して、領土、領海及び領空を保全し、その資源を確保しなければならない。
 

 

この改憲で、何が変わるのか。
それは、軍事活動への「歯止め」の有無だ。
 

1:「自衛隊」から「国防軍」に
 

この言葉の変化で、「自衛隊」だからこそ存在していた様々な制約がなくなる。
 

「自衛隊」の場合、軍備の拡張・増強が、「自衛のための必要最小限度の実力」かどうかで判断されてきた。
しかし、「国防軍」になった場合、軍備の拡張・増強が、その必要性だけで判断できるようになる。軍事拡大に歯止めがきかなくなるのだ。
 

2:集団的自衛権が合憲に
 

9条2項が加わり、「自衛権」の保持が明確になった。この文言にて、個別的自衛権だけは持つと解釈してきたものから一転、集団的自衛権も合憲となる。
 

法律で、集団的自衛権行使に様々な要件を付け、歯止めを設けたとしても、
その要件の拡大解釈も進むし、
法律は憲法とは異なり時の内閣で簡単に変更が可能であるため、行使要件がどんどん緩和されるリスクを負うことになる。
 

結果、日本軍を、簡単に地球の裏側まで派遣できるようになる可能性が高い。
 

そこまで行うと、さすがに戦争巻き込まれリスクが極限まで高まっていく。
 

 

安倍総理の争点隠しとメディアへの圧力介入で、
国民が思考停止した瞬間に騙されてしまうが、
今回の参議院選挙では、
こういうことを私たち国民が認めたいかどうかが問われているのだ。
 

アベノミクスの信任を問うと自民党は言っているが、
経済政策は、自民党衆議院の議席で実施可能であり、
参議院で2/3の議席をとる必要はない。
参議院で2/3の議席をとる必要があるのは改憲以外理由がないのだ。
争点隠しに騙されてはならない。
 

6/29の今日は、岡山大空襲の日。
 

こういう日に、改めて、これからの国をどうしていきたいのか皆で考えたい。
 

これからの日本を担う世代は、戦争経験がない世代。だからこそ、過去からきちんと学び、国家運営を行っていく必要がある。
 


出典:http://k-kuroishi.jp/kuroishiblog/sanin_agenda/


記事一覧