岡田克也

【岡田克也】【ブログ】参院選─党再生の確かな一歩、年内総選挙に向けて党全員で力合わせを

参議院議員選挙の結果が出ました。今日までご尽力・ご協力いただいた皆さまに対して、心から御礼申し上げます。

結果は、残念ながら、与党時代の6年前の議席から見れば減らすことになってしまいました。同志の皆さんを失い、大変残念だし、申し訳ないと思っています。

ただし、3年前は選挙区で10、比例で7でした。それと比べると選挙区で21、比例で11、合計で32議席という数字は、倍増とは行かなくても、それに近い数字が出たということで、民進党再生の一歩を示すことができたと思います。

特に、1人区の最後の接戦を制して、青森や大分などで当選してくれたこと、少し無理をして2人目を出した北海道や愛知で2人当選が果たされたことなど、明るい話もあります。

新聞社の出口調査によると、無党派層の投票先の第1位が民進党だったということで、その割合は、民主党最盛期の時期と比べるとまだまだ不十分ですが、党再生に向けて確かな一歩を示すことができたと思います。

これから、年内には衆議院総選挙が予定されているなか、そこでしっかりと、さらなる結果を出すために党全員が力を合わせて頑張らなければなりません。

「今後(進退は)どうするのか?」という質問も記者の皆さんにいただきましたが、9月の任期一杯まではしっかりと責任を果たしていきたいと思います。

その後のことについては、つまり、代表選に出るかどうかということについては、現時点では決めていない、白紙である、十分時間をかけて自分なりに頭の整理をしていきたいと思います。

いずれにしても、皆さまのご協力に対して心から御礼を申し上げ、何とか政権交代可能な政治を実現するために力を合わせて頑張っていきたいと思います。


出典:http://ameblo.jp/okada-katsuya/entry-12179662358.html


記事一覧