本村賢太郎

【本村賢太郎】地熱発電を応援しております!

経済産業省は、来年度から地熱発電の調査支援を実施すること発表しました。日本は世界第3位の地熱資源量を誇りますが、その利用率は2.4%と低水準です。

地熱発電は、燃料も不要なため、少ない運転費用で安定供給できるベースロード電源として期待されています。政府も2030年度までに現在の3倍に増加させたい考えですが、今のままでは厳しい見通しとなっています。

その理由はいくつかありますが、およそ8割が国立公園に位置していることや、温泉事業者との調整、そして掘削調査にかかる時間とリスクが主にあげられます。

掘削調査には、約5年がかかりますが、発見できなければ投資が無駄になる可能性もあり、開発業者にとってはリスクが高いのです。
 そのため、経産省は有望な地点を深さ500メートルまでJOGMEC(石油天然ガス・金属鉱物資源機構)に掘削させ、地下の温度データを収集することで、初期段階の調査を国が行い、事業のリスク・コストを低減させることを来年から始める予定とのことです。

僕も地熱発電の可能性には大いに期待し、これまでも委員会質疑等で応援をさせていただいています。ぜひとも前に進めていきたいと思います。


出典:http://dpj-kanagawa14.jp/kentarou_motomura/%E5%9C%B0%E7%86%B1%E7%99%BA%E9%9B%BB%E3%82%92%E5%BF%9C%E6%8F%B4%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%8A%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99%EF%BC%81/


記事一覧