大串博志

【大串博志】日韓合意…依然として不透明な「最終的、不可逆的」

昨年末の、慰安婦問題に関する日韓合意を受けて、日本が支出する10億円の使途が合意され、いよいよ実際の⒑億円の支出が近づいています。

私は、慰安婦問題に関してこの日韓合意が、少しでも事態を前に進めることにつながってくれればという思いで見ています。期待もしています。

しかしながら、日本側からの国民の税金を使っての10億円の支出が、安倍総理が言った「最終的、不可逆的」な慰安婦問題の解決に本当になるのか、この点は全く不透明なままです。

外交の成果は双方で作り出していくものです。その意味で、今回の動きが韓国側からの動きも含めた「双方向」の取り組みになっているかは、もっと厳しい精査が必要だと思います。


出典:http://oogushi.ldblog.jp/archives/52468471.html


記事一覧