水戸将史

【水戸将史】安倍首相の言っている「この道」とはどんな道?

2年近く前の総選挙でも、また今夏の参議院選挙でも自民党、とりわけ安倍首相は「この道を行く」なるフレーズを使っておりますね。果たして、「この道」とはどんな道なのでしょうか。

ズバリ、それは「借金する道」「大盤振る舞いする道」という旧来通り、自民党政権の1丁目1番地の政策そのものです。アベノミクスなんていうフレーズと「機動的な財政出動」という意味不明な言葉のまやかしに、国民は踊らされていると言えましょう。

いろんな理屈をつけて経済効果が低いとされてきた公共事業に対して、またしても大盤振る舞いする空気が流れております。9月からの臨時国会の目玉として、大型補正予算が組まれるようですが、これもまた経済対策がその理由となります。

もういい加減にしようじゃありませんか。既に人口減少の時代なのです。身の丈大にあった政策の実施、いかにソフトランディングを果たしていくのか、これが政策の中心とならなければなりません。(次号に続く)


記事一覧