海江田万里

【海江田万里】円安に過度に依存した経済政策のリスク

ある経済人と懇談をしました。彼は、アベノミクスの賞賛派かと思いきや、かなり厳しく「円安に頼った景気回復は間違いである」とアベノミクスを批判していました。そもそも円安は日本の通貨が安くなることですから、円安で喜ぶのは国力が弱くなることを喜んでいるのと同じだというのです。円安は日本の製造業にとって輸出を伸ばすと言われてきました。しかし、実際には海外での生産が進んでいますから思ったほど企業の収益増にも結び付いていません。

それに何より、為替の市場は一国だけの政策で動くものではありません。最近の円高方向への流れも、米国の利上げの動向と密接に関係があります。円安の効果としては、海外からの旅行客が増えて、国内の消費が伸びることがあげられますが、それも中国の政策変更で元の木阿弥です。

急激な円高がいいとは言いませんが、円安に過度に依存した経済政策では、やがて破たんの時がきます。「円安に誘導するための金融政策も、時間稼ぎの政策で、その間に、日本経済の体力を強化するために何をやってきたかで、残念ながら安倍さんは何もやってこなかった」との指摘は、私も全く同感です。経済人でもこうした考えを持った人が増えていることに安倍総理も早く気付くべきでしょう。


記事一覧