古川元久

【古川元久】軽減税率を根本から見直せ

財務金融委員会で質問に立ちました。

今回の質問では、消費税引上げ延期とともに導入が延期となった軽減税率について、その対象範囲や運用方法について見直しがあり得るか、という点を追求しました。

麻生財務大臣は「現時点においては見直しを考えてはいないが、今後導入前であっても見直す場合が絶対ない訳ではない」という趣旨の答弁をしました。

軽減税率の導入が予定されている時期まで、まだ3年近くあります。
したがって今後、その対象範囲や運用の見直し議論が出てくる可能性は十分あると思いますが、私はそもそも軽減税率の導入そのものを見直すべきであると考えています。

先の国会審議でも、軽減税率のさまざまな問題点が明らかになりました。
私たち民進党は、軽減税率とは異なる消費税の逆進性対策として、給付付き税額控除を提案しています。

導入まで時間ができた今、改めてどちらが本当に消費税の逆進性対策として好ましいのか、きちんと議論をすべきです。


記事一覧