大串博志

【大串博志】電通への強制捜査を受けて

新入社員の高橋まつりさんが、長時間労働の結果自ら命を絶った件を受けて、今日、厚生労働省が電通に対して強制捜査に入りました。

長時間労働をしっかり規制していくことは、急いで手を打たなければならない課題です。今日も、この瞬間も、長時間労働で苦しみ悩む方々がいらっしゃいます。急務です。

私たち野党は長時間規制法案を国会に提出しています。その内容は、長時間労働時間の上限に対して法的規制を入れるというものであるのみならず、高橋さんのケースのように、長時間労働の実態が隠されていたということを、今後できなくする内容も含んでいます。

労働時間管理簿を調整し、また、労働者ごとに始業と終業の時間を適切に記録するというものです。このような、一見当たり前に思えることが今の法制度のもとではきちんと行われません。そのような法の不備が高橋さんの悲しい事件につながったと思います。

この点にも対応する野党案を、なぜ安倍総理は今国会で議論することに全く関心を示さないのか、私は本当に理解できません。

口では「働き方改革」などと言いながら、その心根は全く異なる、安倍総理の不誠実な態度が、今この時も存在する長時間労働問題をいたずらに長引かせます。ここは政治の決断があるべき時です。


記事一覧