古川元久

【古川元久】「ヒト・モノ・カネ」を横並びにするのを止めよ

しばしば使われる「ヒト・モノ・カネのグローバル化」という言葉。

最近、私は「ヒト・モノ・カネ」を横並びに扱うことがそもそもおかしいのではないかと思うようになりました。

特に人は物やお金とは全く違い、誰一人として同じ人は存在しません。

人には感情があり、またその人が生まれ育った地域や国によって文化や習慣も違います。

千差万別である人を、どこに移動しても変わらない物やお金と同様に扱って、ひとくくりにしてそのグローバル化を進めてきたことが、世界を驚かせたイギリスのEU離脱という国民投票やアメリカのトランプ候補勝利という大統領選挙の結果につながる一因となったのではないでしょうか。

私は今後ともグローバル化が進むこと自体を否定はしません。

しかしこれからはグローバル化という場合に「ヒト・モノ・カネ」を横並びではなく、人のグローバル化と「モノ・カネ」のグローバル化とを分けて考えるべきだと思います。


記事一覧