高井崇志

【高井崇志】「ギャンブル依存症対策」に熱心に取り組む方々の意見が誤解され…

「ギャンブル依存症対策」に熱心に取り組む方々の意見が誤解されているようなので、私なりにその意見を要約すると、

「わが国のギャンブル依存症はカジノが有ろうが無かろうが深刻。最大の原因はパチンコであるが、わが国の法律上パチンコはギャンブルとみなされていない(法律上換金はしていないことになっている)為、全く対策が進まない。カジノ法案の議論を契機に、パチンコもギャンブルとして位置づけ、その対策を強力に進めて欲しい。」

というものではないかと思います。(もし違っていたら遠慮なく指摘してください。)

私も同じ考えでしたが、今回のカジノ法案の中身と審議やり方を見ていて、「この法律ではギャンブル依存症対策は進まない」という思いが強くなっています。(ギャンブル依存症対策は法律には書かれておらず、附帯決議でお茶を濁されている。)

だったら、「ギャンブル依存症対策推進法」のような、この問題に正面から向き合う法律を作るほうがいいのではないでしょうか?今回の審議を通して、ギャンブル依存症対策を進めることに反対する政党はありませんでした。ならば、超党派の議員立法ですぐにできるはずです。

さっそく法案をつくってみたいと思います。


記事一覧