緒方林太郎

【緒方林太郎】IR法案 or カジノ法案

 世間ではIR法案の事をカジノ法案と言うと、「レッテル貼りだ。今回整備するのは、包括的なリゾート施設であり、カジノはその一部に過ぎない。」という反論が返ってきます。一見正しそうに見えますが、そうでもありません。

 まず、カジノを含まないリゾート施設を想像してみましょう。それを整備するために法律が必要でしょうか。普通のリゾート施設であれば、法律など作る必要はありません。

 では、今回、何故法律を作っているのでしょうか。それは刑法上の「賭博」に当たるカジノの違法性を阻却する必要があるからです。カジノを開設する行為は賭博場開帳、そこでカジノに参加するのは賭博です。刑法の賭博罪、賭博場開帳図利罪の構成要件は満たしています。時折、国会議員の中にも、「IR法が出来れば、カジノは賭博でなくなる。」という発言をする人がいますが違います。

【刑法】

(賭博)
第百八十五条  賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
(常習賭博及び賭博場開張等図利)
第百八十六条  常習として賭博をした者は、三年以下の懲役に処する。
2  賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、三月以上五年以下の懲役に処する。

 では、何故、構成要件を満たしているのに、問題なくなるのかというと、違法性を阻却しようとしているからです。

【刑法】

(正当行為)
第三十五条 法令又は正当な業務による行為は、罰しない。

 つまり、ここで何が言われているかというと、法令による行為は罰しない、違法性を阻却するという事です。賭博罪や賭博場開帳図利罪の構成要件は満たしているけど、特別法によってこれらの罪を適用しないという考え方です。

 なので、ここで賭博及び賭博場開帳図利であるカジノの違法性を阻却しなくてはならないので「法令」が必要になるのです。だから、今回「IR法」というかたちでの法律を作っているわけです。そして、私が先週の内閣委員会でしつこくカジノの違法性阻却の話を聞いたのも、「そもそも違法性を阻却するための法律だ」という理由からです。

 こうやって考えていくと、「IR法」を「カジノ法」と呼ぶことには一定の論拠があるという事になります。繰り返しになりますが、カジノが無ければ法律など要らないのですから。


記事一覧