逢坂誠二

【逢坂誠二】3月9日 その3485『逢坂誠二の徒然日記』(5182)

thedemocraticparty

民進党の逢坂誠二衆院議員が、共謀罪を新設する法案の議論を取り上げて、「テロ対策」は必要だが、今回の法案が「テロ対策」というのは「詭弁」だとブログで主張しています。政府は、散々「テロ対策」の名目でこの法案が必要だと言ってきたにもかかわらず、与党に示された当初案には「テロ」という文言が含まれておらず、与党内からも批判を受けて修正案に「テロリズム集団」と明記するようにし与党で了承されました。このような状況に逢坂議員は「単にテロという言葉をつけて法案の中身を粉飾するような法案を了承したのではないかという印象」と指摘しています。

出典 : http://ohsaka.jp/article-10950.html

夜明け前の都内、気温は2度程度だ。

空に雲は無いが、冷たい空気に満ちている。

1)共謀罪

昨日の法務委員会で、
金田大臣に対し、 共謀罪について質問した。

委員会終了後、私、山尾、井出の三名が、
国会内で記者会見を行なった。

====


本来目指している法案の中身と、
国民に振りまいているイメージが大きく乖離している


この法案がなければ
東京オリンピックを開催できないかのような
物言いをしているのは誤った印象操作


政府は一方的に都合のいい説明はするものの、
野党の質問には「成案ができていない」ことを
理由に答弁を避けており、
「フェアな状況ではない」


報道にあるように、当初与党に示された案に
「テロ」という文言がなく、
今後閣議決定されるものに加わることがあれば、
「テロ対策というお題目は何だったのか」
というのが素朴な疑問


金田大臣に大臣が、
「予備行為の場合は客観的に
相当な危険が必要なので予備では足りない」
「客観的に相当な危険は必ずしも必要とされない」
と答弁したことは、
処罰法規の原則を根底から覆すような、
びっくりするような答弁であり、
客観的に相当な危険がないのに人を逮捕し、
刑務所に入れるということ


金田大臣は、昨日、今日の質疑で
そもそも質問に答えることができず、
引き続き辞職を求めていく考えは変わらない


自民党の法務部会で
「条文の処罰の対象に『テロリズム集団』
という文言を加えたうえで了承した」ということに関し、
言葉を付け加えたからといって
法律の構成が抜本的に変わっているものではないと思う。
単にテロという言葉をつけて
法案の中身を粉飾するような法案を
了承したのではないかという印象


テロ対策の必要性は民進党も強く主張し、
協力する考えだが、
今回の法案はそもそもテロ対策は詭弁


(政府が締結のためには「テロ等準備罪」の新設が必要だとする)
TOC条約はお金儲けのための組織犯罪を処罰することが目的で、
テロ対策はそもそもの目的ではまったくない


今回の審議で共謀罪を必要とする
テロ対策としての立法事実は今のところ1つもない

====

記者会見では、以上のようなことを話している。

共謀罪は、
日本の刑法の考え方を大転換するものであり、
マスコミの関心も高い。

一方、国民の皆さんには、分かり難い内容でもある。

今日も、共謀罪に関する会合があるが、
少しでも分かり易く発信したいと思う。

今日は、原発ゼロの会世話人会のため、
いつもよりもさらに早く国会に向かう。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.3.9  ==


記事一覧