逢坂誠二

【逢坂誠二】3月29日 その3505『逢坂誠二の徒然日記』(5202 )

thedemocraticparty

民進党の逢坂誠二衆院議員が、安倍昭恵内閣総理大臣夫人が森友学園の塚本幼稚園に講演に行った際に随行した職員が「自主判断で随行した」と政府が突き放していることや、「全体に画一的な価値観を押し付ける結果になっている」と逢坂議員が言う小学校の「道徳」の教科書検定結果の検証を通して、安倍総理の行っていることは相当危ういと主張しています。

出典 : http://ohsaka.jp/article-10992.html

夜明け前の都内、雲が少ない。

朝の気温は4度程度だ。

昨日も朝から夜まで、
密度濃く国会活動に専念した。

全身全霊で仕事に立ち向かえることに
感謝したい。

1)私人か公人か

安倍昭恵夫人は「私人」であると閣議決定された。

私は、このように断定したことに間違いがあると思う。

確かに、辞令を受けた意味での「公人」ではない。

しかし「私人」と言い切るには問題があるだろう。

現に、総理に随行して海外に行く場合は、
公用旅券を使い、
料金を払わずに政府専用機に乗っている。
(同行の新聞記者などは料金を払っているという。)

これは当然のことだと私は感ずる。
従って、辞令を受けた公人ではないが、
極めて公的な色合いの濃い立場なのだ。

だからこそ、その行動、活動には注意が必要なのだが、
総理夫人も総理自身も、
そうしたことを理解しているようには思われない。

====

総理夫人が塚本幼稚園に
個人として講演に行った際も、
公務員が随行した。

この公務員に関し、政府は次の閣議決定をした。

必要性を踏まえて当該職員が自ら判断した

同行に当たり、
旅費法に規定する旅行命令の
発令手続きは行われなかった

====

上司の命を受けて同行したのではなく、
旅行命令もなく、自主判断で同行したと
政府は随行職員を突き放す判断をした。

これは驚きの判断だ。

講演を行ったのは、
2015年9月5日の土曜日だから、
休暇を利用して大阪に行ったのだろうか。

しかしこれでは、
2名の当該職員は浮かばれない。

当該職員は当然の仕事の一環として、
大阪に同行したのだと思う。

安倍昭恵夫人にまつわる政府の説明は
矛盾が大きくなってきている。

私は安倍夫妻が、
行政を私物化している雰囲気を感ずる。

2)道徳の教科書

来年から、小学校で正式教科になる
「道徳」の初の教科書検定結果が明らかになった。

道徳の教科化によって、
政権や政府の何らかの思いを
押し付けるのではないかとの懸念があったが、
それが現実化した印象を受ける。

東京書籍には次の設定内容があった。

====

日曜日におじいさんと散歩に出かけた
1年生のけんたが、
途中で八百屋のおばさんから
笑顔で声を掛けられたり、
友だちの家のパン屋で
おいしそうなパンを土産に買ったりして、
自分のまちに愛着を持つ。

====

これに関し、文科省の審議会は
「学習指導要領に示す内容に照らして扱いが不適切」
と検定意見を付けた。

文科省の担当者は、
「『我が国や郷土の文化と生活に親しみ、愛着を持つこと』
という内容項目について考えさせる内容になっていない」と解説。

この指摘を受け、東京書籍は「パン屋」を、
「お菓子屋」に変更し、次の内容に変更した。

====

店のお兄さんが和菓子は柿やクリなど
季節の食材で作ることも教えてくれたので、
けんたはまちのことや初めて見た和菓子のことを
もっと知りたいと思った。

====

同じく東京書籍にあった
「感謝」を学ぶ次の内容にも意見が付いた。

====

通学路にあるパン屋のおじさんはまちの消防団員。
ある夜、少年が広場を通りかかり、
消防訓練に励むおじさんを見て感謝の気持ちを抱く。

====

学習指導要領に記された「感謝」の具体的内容は
「家族など生活を支えてくれている人々や
現在の生活を築いてくれた高齢者に、
尊敬と感謝の気持ちをもって接すること」。

元の題材に高齢者が登場しないと検定意見。

この結果、東京書籍は
「おじさん」を「おじいさん」に変更し、
題を「しょうぼうだんのおじさん」から
「しょうぼうだんのおじいさん」に変えて検定をパス。

====

ほかにも紹介したいことはあるが、
全体に画一的な価値観を押し付ける結果に
なっているように感ずる。

現在の社会は多様だ。

その多様な社会の中で、個々人を尊重し、
お互いが認め合える社会をどう創造するかが
課題の一つだ。

こんな中で、固定的な価値観を押し付けると、
その価値観からはみ出る存在を排除する、
そんな雰囲気が醸成されるのではないかと懸念する。

安倍総理の行おうとしていることは、
この点でも相当に危うい。

さあ今日も、確実に前進します。

==  2017.3.29  ==


記事一覧