桜井充

【桜井充】桜井充メルマガ:「本当に大丈夫か」

thedemocraticparty

参院東日本復興特別委員会の委員長を務める桜井充議員が、委員会で可決された「福島特別措置法の一部を改正する法律案」の内容について疑問を呈しています。市町村による特定復興再生拠点区域を定める要件の1つであるおおむね5年以内に20ミリシーベルト(以下mSv)以下になることとしていることについて、大震災直後と現在では放射線量の自然減衰のペースが大幅に減るため大震災直後の20mSvとは全く違うと指摘しています。

出典 : http://dr-sakurai.ecgo.jp/blog170511210912.html

昨日の委員会で、福島特別措置法の一部を改正する法律案が可決された。明日の本会議で成立することになる。委員長として議事を運営しながら質疑を聞いていて、大きな疑問を感じる点があった。

本法律案では、市町村による特定復興再生拠点区域を定めることにしているのだが、その要件の一つが、おおむね5年以内に20ミリシーベルト(以下mSv)以下になることとしている。問題はここにある。何故ならば、大震災直後の20mSvと現在では全く違うからである。

セシウムには半減期が2年のCs134と30年のCs137とが存在する。半減期が2年という事は、2年経つと放射線量は半分になるという事である。という事は、震災から6年経過しているので、Cs134は8分の1になっている。

また、放射線量は半減期の短いCs134の方が多く、Cs134とCs137との比率は5:2である。7mSv地点があるとすると、5mSvはCs134から、2mSvはCs137から放出されている。

6年経過するとCs134は8分の1になっているので、Cs134から放出される放射線量は0.625mSvになっている。Cs137の半減期は30年なので、自然減衰を考慮しないと二種類のCsから放出されている放射線量は2.625mSvまで減衰しているのである。つまり、大震災直後からみると放射線量は半分以下になっているのである。

問題はここからである。この先は、自然減衰のペースは大幅に減るので、20mSv地点は、何年経っても20mSvであり、大震災直後の20mSvと現在の20mSvでは意味合いが全く違うのである。

この基準値は政省令で定めることになっているので、ここでどの程度の水準にするのかが極めて大切である。生涯線量が100mSvを超えると癌の発生率が0.5%増えると言われている。健康被害が起こらないような基準を定める事が重要になることは言うまでもない。

参議院議員・医師 桜井充


記事一覧